外国の企業・外国人に向けたサポート

CASE 17 車両のドライバーレステクノロジーに特化したサービスプロバイダー
仏スタートアップ企業の日本進出のビジネスマッチングをサポート

EasyMile
クライアントマネージャー/ソリューション・エンジニア
毛利 勇人 氏
https://www.easymile.com
在日フランス商工会議所
2020年日仏ビジネスリーダーズフォーラム
ロペオ オードリー真利子 さん

EasyMile(イージーマイル)社は、2014年6月にフランスで設立されたドライバーレステクノロジーに特化したグローバルテクノロジー企業です。現在は、貨物及び乗客輸送用の低速車両の固定ルート型無人走行移動サービスを専門としています。EasyMile社の主要業務は、①屋内外の道路(固定ルート)に対応したドライバーレステクノロジーの開発、②さまざまなユースケースに合わせ、ドライバーレステクノロジーに関する顧客ニーズに対応した実用化車両への統合、③同社のテクノロジーを用いて完成されたドライバーレス車両を安全かつ効率的に運用するための方法論およびプロセスの開発、です。

自動車における無人自動運転のさまざまな技術開発や実証実験が世界的に急ピッチで進むなか、EasyMile社は固定ルート型のドライバーレステクノロジーにおける最先端のソフトウェア開発で注目を集めています。世界中で実用化されているその規模は、顕著な成果をあげています。

ビジネスコンシェルジュ東京(BDCT)によるサポート

  • 協業企業の紹介
  • 展示会への出展
  • 各種イベントへの参加

東京を拠点に選んだ理由

日本は、いうまでもなく世界的な自動車先進国です。私たちEasyMileにとって魅力的な市場であり、日本進出は必然といえます。なかでも東京は首都であり、大手企業をはじめ、多くの企業が集まっている日本におけるビジネスの中心地です。先端技術への関心も高く、ドライバーレステクノロジーに興味を持つ企業も数多く存在します。それだけに、東京は協業が見込める企業の方々とお会いできる機会も多いだろうと考えました。そして、そうした出会いをビジネスチャンスにつなげていきたいと考えていました。

実際、BDCTのサポートのもと、多くのビジネスマッチングの機会を得て、すでに具体的に進行している案件が複数あります。

ビジネスコンシェルジュ東京を利用した感想

当社は、東京都が取り組む海外のスタートアップ企業の誘致活動にお応えし、東京への進出を決定しました。そして、今後、日本でビジネスを展開するにあたり、BDCTがさまざまなビジネスマッチングのサポートをしてくださるということでご協力をお願いすることにしました。それが2019年10月のことです。

早速、翌11月にはBDCTの後押しで東京都主催の産業交流展に出展し、来場者や参加企業など多くの日本企業と交流を図ることができました。その後もBDCTにはさまざまなビジネス交流イベントへのお誘いや、個別の企業交流会をセッティングしていただくなど、EasyMileと日本企業との橋渡し役を果たしていただいています。

BDCTのビジネスマッチングのサポートを受け、まず感じるのは、BDCTを介すと相手先企業が親身になって私たちの話を聞いてくれることです。海外のスタートアップ企業であるものの、間にBDCTに入っていただくことで当社の信用度が増すということでしょう。

また、BDCTのコンサルタントスタッフは皆さん経験豊富なため、私たちの意図を的確に汲み、さらには私たちが気づいていないことまで配慮し、実践的なビジネスマッチングのお膳立てをしてくださいます。しかも、ただお客様を紹介するだけでなく、その後のアフターフォローも怠りません。ベテランならではの視野の広さと気配りに大いに助けられています。

日本には日本特有のビジネスの進め方があり、海外企業のスタッフにはなかなか理解できないことがあります。たとえば、誰に、どのように話すのが効果的なのか、とても分かりづらいこともその一つです。そうした点もBDCTはしっかりアドバイスしてくださいます。

こうしたBDCTのサポートで多くの日本企業と出会い、おかげさまで今後のいろいろなビジネスの道筋が見えてきました。BDCTは日本進出の本当に良きパートナーです。

今後のビジネス展開

BDCTのビジネスマッチング支援が功を奏し、すでにドライバーレスの小型車を販売したのをはじめ、現在、実証実験中のものも含め、複数のお客様と具体的な案件が進行しています。BDCTのサポートがなければ、この短期間でこれほどの成果は得られなかったと思います。

現在は在日フランス商工会議所内のオフィスを日本の拠点にしていますが、近々東京に日本法人を立ち上げ、本格的に日本進出を図っていく計画です。